スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

村正 攻略記 忘れ物 

※このエピソードは「攻略記 其の捌」と「其の玖」の間に入る筈でした

どーも話が抜けてるなと思ってたんだよ…



なぜか青江戦~景明の回想がスキップできないのでイラッとして未読スキップした




その結果がこれだよ!!

image554.jpg

悪鬼編 タイトルー!




青江の陰義によって過去を見せられた景明。
同時に、村正の記憶をもその脳裏によみがえらせていた。


時は500年以上前。

帝にならんとする人物が二人存在した時代。
南北朝動乱期。

始祖、千子右衛門尉村正は、劔冑造りに悩んでいた。



折、旧友である武士の裏切り、焼き討ち、そして、劔冑になりはてた妻。
image550.jpg


善と悪と、何を信ずるべきか見失う村正であったが、善悪は表裏一体、との意を得る。


独善による戦いをなくすため。
村正は娘とともに自らを劔冑にしたて、南北の朝廷に未を捧げた。

結果、過去最悪の戦禍をもたらした。
始祖村正は砕かれ、二世村正(のちの銀星号)をとめる手段として、三世村正が誕生した。


そんな過去を視た景明は村正に歩み寄るが、村正は拒み、景明の前から逃げ出す。


そして現れる銀星号。
景明という仕手なしで挑むも、母親一人にも負ける始末。
image551.jpg



景明は諭す。
一人では勝てない。
一人と一個ではなく、二人で一騎になるのだと。
そして、帯刀の儀は結ばれた。

image552.jpg





な ぜ こ れ を と ば し た し





あーもう。
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://riakki.blog15.fc2.com/tb.php/346-871d65d9







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。